小型犬

柴犬

日本犬として一番定着していて人気も抜群にあります。

とても人懐っこい印象を持たれていますが、案外クールな一面があり始めて飼う人には向いていないと言われています。

 

犬種 柴犬(Shiba Inu)
体重 6~10kg
寿命 12~13年
毛色 様々
グループ 5G【原始的な犬・スピッツ】

 

日本でも最もポピュラーで人気のある柴犬は、オーストラリアやアメリカ、ヨーロッパでも人気があり最近よく飼われています。

 

 

かつては成犬になっても歯が発達しないという傾向がありましたが、最近では改良によって改善されました。

 

バセンジーなどと同じように柴犬は滅多に吠えない犬種ですが、「キャッ」という珍しい声で鳴く事があります。

 

少し独立心の高い性格なので案外初心者には向いていないかもしれません。

 

柴犬の歴史

 

 

日本犬の中で最も小さい柴犬の歴史は何世紀にも渡って飼われ続けている、歴史の古い犬です。

 

日本の山陰地方で2500年以上前の骨が発掘現場で発見されています。縄文時代の頃から存在したと言われており、近くても紀元前400年、遠くて紀元前1万年くらい前から日本人のそばに寄り添って生きてきました。

 

第二次世界大戦の頃、毛皮用として軍に供出しなければいけなくなり、狩猟犬として活躍していた柴犬も一時は一気にその数を減らすことになりました。

 

そして戦後は「犬ジステンパー」が流行り、純血の柴犬は絶滅の危機にまで陥ります。戦後のどさくさと時代的な飼育管理の悪さから様々な犬種と交配され雑種が増え、全国から純血が集められ今日に至ります。

 

柴犬の性格

 

 

元は狩猟犬なので、独立心が高くクールな性格をしています。物静かな個体が多く、TVやSNSなどで愛嬌たっぷりの柴犬をよく見かけますが、すべてこの様な性格ではありません。

 

飼い主にはとても忠実で、愛情深く接しますが防衛本能が強く他人には厳しい態度を見せることもしばしば。初心者には飼うのが難しいと言われています。

 

警戒心、防衛本能が強いので番犬向きです。