大型犬

チャウチャウ

チャウチャウは冷静で沈着、孤高で警戒心が強く、人見知りしやすい性格ですが、一方で飼い主にはきわめて忠実です。

日本でカラーテレビのCMに出演したことから、一時的にブームになりました。

 

犬種 チャウチャウ( chow Chow)
体重 18~27kg
寿命 9~15年
毛色 様々
グループ 5G【原始的な犬・スピッツ】

昭和の時代にテレビコマーシャルに出演したことから、一躍流行の犬種となりました。

 

しかし、マイペースで大変頑固であるため、飼い主家族の中でもリーダーの指示以外は聞かないことがしばしばあります。

 

子犬の頃から社会性を育てるための十分な努力と、家族全員との信頼関係や服従性を養い、しつけや訓練は根気よく行う必要があります。

チャウチャウの歴史

 

チャウチャウの起源は、狩猟や番犬に使用する為に飼養されていた中国にあり、中国では2000年以上前から知られられていると言われています。

1800年頃まで他国では見られていませんでしたが、18世紀後半に英国へ輸入され、1925年に英国のクラフト展に出陳される、1920年代まで知られていませんでした。

北欧タイプのスピッツ犬と血縁関係にあり、マスティフも含まれていますが詳しくは分かっていません。

また特徴として、青舌であり、青黒い舌を持つ他犬種としては北海道犬があり、さらに秋田犬とはより近縁とされています。

チャウチャウの性格

 

静かで独立心が強い性格をしています。また超然とした一面もあり、良い番犬になるとも言われています。

マイペースな一面もあり、家族に対しても自分から積極的に愛情を示すことは多くないようです。体を触られることをあまり好まない犬種です。