仔犬

犬の性格は何で決まる?性格は「生まれ」と「育ち」で決まる!

両親から引き継いだ性格が、そのまま犬の性格になるとは限りません。

置かれた環境や育てられ方によって、性格形成に大きな影響があります。

環境や育てられ方は性格づくりに大きな影響を与える

 

生まれつきの性格とはその犬の血統であり、祖先犬や両親犬から引き継いでくるものです。しかし、生まれつきの性格がそのままその犬の性格になるとは限りません。

人と同様に、犬も両親から引き継いだ性格だけではなく、環境や育てられ方によって性格形成に大きな影響を受けるものです。

たとえば両親犬が人懐っこい性格で、生まれた子犬もそれを引き継いでいたとします。でも子犬の置かれた環境が、人との交流があまりなかったり、人から嫌な思いをさせられてそれがトラウマになっていれば、人を嫌がるようになってしまいます。

また逆の事も言えます。人が苦手な両親犬から生まれても、その子犬が小さい時から「人って優しい存在なんだ、安心できる存在なんだ」と認識できれば、将来人懐っこい性格にもなれるのです。

このように生まれつきの性格を、環境や育てられ方によってより良くする事も、悪くする事も可能だという事を忘れないようにしましょう。

犬の性格は習性と犬種の特徴、環境や育てられ方で決まる

 

犬の性格は、犬自体が持つ習性と犬種ごとの特徴に、その犬が生活する環境や育てられ方の要素がが加わって、出来上がります。

飼い主は、犬の性格をよく知り、良い所を伸ばしてあげましょう