病気

犬のニキビダニ症(毛包虫症、デモデックス症)について

ニキビダニ症(毛包虫症、デモデックス症)

 

発症しやすい犬種:柴犬、ボストン・テリア、ウェルシュ・コーギー・ペンブローグ

 

症状

頭部と四肢によく見られる部分的タイプは、円形の脱毛とフケが出て、皮膚が赤くなりますが、痒みはあまりありません。

全身に症状が現れるタイプでは、皮膚がかたく厚く、黒くなり、激しいフケ、かさぶたなどが見られ、痒みも強くなります。

かきむしることで、二次的な細菌感染を起こすこともあります。

 

原因

ニキビダニが毛穴の中に寄生して起こす皮膚炎。

ニキビダニは健康な犬の皮膚にも少数は寄生していますが、普通は病気の原因になりません。

生後まもなく母犬から子犬に感染することがあり、その場合、最初は鼻の頭の部分に症状がみられるので、哺乳する際に母親と直接接触してニキビダニを貰うのだろうと考えられています。

3~12ヶ月齢で発症する若年性の病気と5歳以降で発症する成犬のニキビダニ症があります。

成犬で発症する場合には、甲状腺機能低下症、腫瘍など、免疫が低下する重大な病気が引き金になっていることが多いので、その他の病気の検査も受けることが大切です。