病気

【愛犬が皮膚ガンかもしれない】怪しいと感じたらすぐに獣医へ相談しよう

腫瘍(ガン)は最もよく見られる病気の一つです。

人間にできる腫瘍のほぼ全種が、犬にもできると言われています。

腫瘍は、細胞の増殖に関わる遺伝子の異常で起きます。

髪や爪が一定の速さで伸びたり、皮膚が一定の速さで新陳代謝をしたりするように、分裂して増えるスピードは細胞ごとに決められています。

そのスピードは、遺伝子に書き込まれていますが、何らかの要因で、増殖にかかわる遺伝子に傷がついたり変化したりしてしまうと、細胞は無秩序に分裂増殖を繰り返してしまいます。

できた細胞の塊を腫瘍と言います。

腫瘍には良性と悪性があります。

良性腫瘍は他の部位に転移したり、組織の奥深くに入り込んだり(浸潤)はしません。

その場所だけでゆっくりと大きくなっていくので、近くの臓器を圧迫するなどの問題はありますが、命には関わりません。

しかし悪性腫瘍は浸潤して、臓器の働きに大きな障害を与えたり、他の部位に転移したりして、正常な細胞の機能を失い、最後には命を奪います。

いわゆるガンです。

遺伝子が傷つく要因としては、表のようなものが挙げられます。

悪性 良性
皮膚 ・肥満細胞腫・扁平上皮癌
・腺がん   ・肛門周囲線種
・脂肪腫
・線腫
・上皮腫
・骨肉腫 ・軟骨肉腫 ・骨腫
口腔 ・悪性黒色腫・扁平上皮癌
・線維肉腫
・エプリス
鼻腔 ・腺がん・軟骨肉腫
・扁平上皮癌
腹腔 ・胃癌・肝臓癌・直腸癌 ・平滑筋腫
生殖器 ・乳腺腫瘍・精巣腫瘍
・子宮癌
血液 ・悪性リンパ腫・白血病

 

ガンは、どれか一つが原因で起こるというより、いくつもの原因が重なって、長い時間をかけて発症すると考えられています。

そのため、老齢になるほどかかりやすくなります。

犬が長寿になると、ガンの発症も増加します。

命に関わる病気だけに、ある程度の年齢になったら、特に毎日チェックや、定期的な健康診断で、愛犬の全身状態に対する注意が必要です。

主な腫瘍の治療法は、基本的に 外科療法、薬物療法、放射線療法の三つです。

最もよく行われるのは、病巣を切除する手術です。

悪性の場合、病巣だけでなく、周囲の組織も含めて大きく切除します。

ただし、ガンの種類や場所、体質や年齢などによっては、手術ができない場合もあります。

そのような場合は、薬物療法や放射線療法で癌細胞を壊す治療を行います。それぞれの治療方法は併用されることもあります。

皮膚の腫瘍

皮膚の腫瘍は、乳腺腫瘍に次いでよく見られます。

悪性も良性もありますが、見た目で区別ができません。

病状によっては、皮膚病と見誤ることもあるので、注意が必要です。

飼い主の勝手な判断はやめてください。

いくつかの皮膚の腫瘍は、手で触るとコリコリとした、しこりを感じます。

表面がただれていたり、こぶのようなものができたりすることもあります。

被毛をかき分けて、皮膚の状態を細かくチェックして下さい。

腫瘍化する細胞の種類によって、様々なタイプがあり、できる場所や悪性度は少しずつ異なります。

基本的には、腫瘍を切除します。

特に悪性の可能性が高い場合は、病巣とその周囲を、大きく切除します。

転移してさえいなければ、切除だけで完治します。

皮膚の腫瘍には次のようなものがあります。

肥満細胞腫(悪性)

免疫に関わる、肥満細胞という細胞が腫瘍化したもので、転移しやすい危険な悪性の腫瘍です。 (ただし、良性の場合もあります)

ボクサー、ボストン・テリア、イングリッシュ・セターなどによくみられます。

肥満細胞腫は、主に赤く膨れたようなしこりとして現れます。

他にも、表面の皮膚組織が壊死していたり、 筋肉の塊のように見えたりと、病巣の形状は多様です。

肥満細胞は、炎症を引き起こす化学物質を持っているため、 病巣の周囲に炎症がおこることもあります。

また、その炎症物質が血液を介して胃に運ばれると、胃潰瘍が引き起こされることもあります。

胃潰瘍になると、嘔吐や、吐血などの症状があらわれます。

皮膚病の治療しているにもかかわらず、効果が見られない時は、癌の可能性があります。

腺癌(悪性)

皮脂腺の細胞が腫瘍化したもので、 肛門の周り。耳の中の皮膚、まぶた、指の間などによく発生する腫瘍です。

しこりの表面は平らで滑らかです。

良性の腺腫か見た目だけで区別することは難しいのですが、腺癌の場合には腫瘍が急速に大きくなります。

大きくなると表面が崩れてきます。

扁平上皮癌(悪性)

体の表面などを覆う上皮細胞のうち、扁平な形をしている細胞を扁平上皮と言います。

この細胞が腫瘍化したものです。

悪性で、鼻の先端や爪の根元、口唇など色素沈着のある部分によく発生します。

しこりというより、硬い扁平なできもののようだったり、カリフラワー状に盛り上がったものだったり、と色々な形のものがあります。

ただれたり潰瘍状になってしまうなど、治りにくい皮膚病と間違えることもあるので、注意が必要です

唇にできた扁平上皮がんの病巣は脆く出血しやすくなっています飼い主は犬がくわえていたおもちゃなどに血液がついているのを見て異常発見するケースもありますまたよだれが出て臭いのきつい口臭がします肺に転移することもありますが、悪性度はそれほど高くありません。

肛門周囲腺腫悪性

肛門周囲腺とは、肛門周囲にある、匂い物質などを分泌する細い腺です。

ここにできる腫瘍は、丸くて硬い塊として感じられます。

その塊が、皮膚を貫通して破裂することがあり、しきりに尻を舐めます。

7歳以上のオスによく見られます。

脂肪腫(良性)

脂肪を蓄えている脂肪細胞が腫瘍化したものです。

一般に皮膚の下に滑らかな楕円形の塊として感じられます。

皮膚の下だけでなく、筋肉の間にできることもあります。

理論的には、全身どこにでもできる可能性があります。

良性なのでゆっくりと大きくなります。肥満した高齢のメスによく発症します

腺腫(良性)

悪性の腺がんと同じような部位にでき、区別もつきにくいのですが、良性なのでゆっくりと大きくなります。

上皮腫(良性)

体の表面や組織の皮を構成する細胞を、上皮細胞と言います。

その細胞が腫瘍化したもので、体のどこにでもできる可能性があります。

茎を持ち、きのこのような形に盛り上がります。