病気

老犬との大切な時間を。適度な運動こそ長生きの秘訣!

こんにちは

 

老犬の運動管理は、いかに運動量をキープして体力(筋力)を落とさずに維持できるかにかかっています。

 

飼い主
飼い主
だんだん足腰が弱ってきたから散歩は駄目ね
飼い主
飼い主
興奮しすぎて疲れそうだから遊びは禁物ね

 

この様に飼い主が愛犬を極度に甘やかせてしまうと、結果的に筋力が落ちてしまい早くから寝たきりになってしまう可能性もあります。

 

適度な運動こそ長生きの秘訣

 

老犬になると、代謝が衰えて太りやすくなってしまう犬も多くみられます。

 

この時ダイエットのために食事を制限することがありますが、フードの量を減らすだけでは落としたい脂肪以外に筋肉まで痩せてしまう可能性があります。

 

効果的に脂肪を燃焼させる意味でも、適度な運動は必須です。

上手に遊びを取り入れたり、筋力だけでなく頭を使うようなトレーニングに取り組んでみるのも老犬の運動には最適です。

 

筋力低下を心がけよう

 

犬の筋力は後ろ足から衰えていきます。

ふらつくようになったり、踏ん張れなくなったりしても、なるべく運動量を維持し、関節や筋肉を固まらせないよう心がけましょう

寝たきりになってからのマッサージは、筋肉をほぐし血液の循環を良くする効果もありますが、飼い主と愛犬とのスキンシップやコミュニケーションという観点からも、一緒に過ごす大切な時間として、楽しく取り組むように心がけるのも良いことです。

 

歩行機能低下の流れ

 

歩行機能の衰えは、最初は散歩中によろめいたり、少しの段差で転倒したりということから始まります。

 

次に一般的には後ろ足の機能が先に衰えるので、自力で立ち上がることが困難になります。

これは体を持ち上げるだけの力で踏ん張れなくなってしまうためですが、初期段階では立ち上がるのを飼い主がサポートすると、まだ自力で歩くことは可能です。

 

さらに後ろ足の機能が低下すると立っていられなくなり、この段階で自力歩行ができなくなります。

それでも前足を立てて座ることができれば、介護用品を使って歩行させることができますが、前足の踏ん張りも利かなくなると完全に歩行機能が失われて寝たきりになってしまいます。

 

散歩をやめる=最悪のケースに・・・

 

飼い主
飼い主
年も年だし、あまり歩かせない方が・・・
飼い主
飼い主
歩行困難になってきたからゆっくり休ませてあげよう・・・

 

長く過ごしてきた家族なので、愛犬が日に日に弱っていくのを見るのは辛いです。

 

そして愛犬も年老いていくと、散歩を嫌がるようにもなってきます。

 

しかし散歩をやめてしまうと、ますます運動能力が低下し寝たきりになるまでの時間を早めてしまいます。

 

ここで寝たきりになるまでの最悪のスパイラルをご紹介します。

 

①散歩に行くのを嫌がるようになる

年老いてくると運動能力が衰えて疲れやすくなるので、散歩に行くことを嫌がるワンちゃんが多くなります。

②飼い主が散歩をさせなくなっていく

すぐに立ち止まったりして思うように歩いてくれないので、散歩に連れ出す事を飼い主が諦めてしまいます。

③運動不足になり足腰が急に衰える

散歩をさせなくなると慢性的な運動不足になり、足腰の筋力や関節の機能がどんどん衰えていきます

④寝たきりになるまでの時間が早くなる

運動不足で足の機能が弱くなっていくと歩行できなくなり、結果的に早くから寝たきり生活になってしまいます

 

足腰が弱ってくると散歩を嫌がるようになりがちですが、嫌がるからと散歩をやめてしまうと、運動不足によってさらに衰え、歩行機能の低下に拍車をかけることになります。

 

体調によって散歩の時間やコースを変えてみたり、危険や他人への迷惑がなければワンちゃんの歩きたい方向に行かせてあげるなど、少しでも運動できるよう工夫しましょう。

歩行機能の衰えをゆるやかにし、寝たきりを予防するためには日々の運動が不可欠です。

もし後ろ足の機能が衰えて自力で歩けなくなっても、飼い主のサポートで歩かせることができます。

健康状態や運動能力を考慮しながら可能な範囲で少しでも運動する機会を与え、できる限り寝たきり状態になることを防いでくださいね。