病気

愛犬の健康を気遣いながら上手に散歩する方法

運動能力に合わせて距離や時間を決めよう

 

健康維持のためとはいえ、長い距離を歩かせては逆に負担をかける事にもなりかねません。

 

若い頃と同じ散歩をさせるのではなく、運動能力の衰えや健康状態に合わせて適切な距離や時間を考え無理のないように散歩させてあげましょう。

 

 

デコボコのある道や段差を避けるなど、足腰への負担を軽減する工夫も必要です

 

準備運動をして途中の休憩をたっぷりと

 

散歩中に立ち止まることが多くなっても無理に歩かせようとはせず、休憩の回数を増やして、時間をかけて散歩しましょう。

 

また、散歩が大好きなワンちゃんは外に出るなり走り出すことがありますが、老犬の場合は心臓や足腰への負担が心配です。

 

 

散歩の前にリードを付けて、室内や庭を歩かせるなど準備運動をしっかりしましょう。

 

排泄目的の散歩ではなく遊び要素をプラスしよう

 

歩かせて排泄を待つだけの散歩では、ワンちゃんも楽しくありません。

 

公園などの安全な場所で大好きなオモチャで遊ばせたり、気になった植物の匂いをかがせるなど、散歩の時間が楽しくなるような遊びを取り入れ、ワンちゃんが進んで運動できるような工夫をしてあげましょう。

 

 

興味のある行動をさせることは、脳の活性化にもつながります。

 

体調管理と、こまめな水分補給を忘れずに

 

老犬になると体温調整機能も衰えるので、季節に合わせて散歩の時間帯を変えましょう。

 

夏は早朝や夕方、逆に冬は日中の散歩が理想です。

 

 

また、犬は体温の上昇を吐く息からの水分蒸発によってコントロールするので、どこでも水分補給できるように散歩中は水を携帯しましょう。

 

その日の体調に合わせたコース設定を

 

持病がある場合は、散歩前にしっかりと体調チェックすることはもちろん、散歩コースにも工夫が必要です。

 

急な体調の変化にも対応できるよう、すぐに自宅まで戻れる短いコースを数パターン考えておくと便利です。

 

 

体調が良い場合は、ひとつのコースが終わるたびに必ず自宅の前を通りながら複数のコースを散歩させ、体調の異変に気付いたらひとつ目のコースの途中でも自宅に戻って休ませるようにしましょう。

 

こうすることで散歩中に病状が急変しても、迅速に対応することが出来ます。

①体調が良さそうなら

体調が良ければ複数のコースを組み合わせて1時間くらい歩きます。その場合もひとつのコースが終わるたびに体調を確認してください

 

②体調が普通なら

10~15分で1周できるコースを2.3パターン組み合わせて30分くらい歩きます。

これを基本的な散歩コースにしましょう

 

③体調が悪そうなら

いつもより元気がないと感じたら、ひとつのコースだけを散歩します。

また、体調が悪そうな日は無理をせず散歩を中止して、室内で運動するようにしましょう